読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

take's blog -UNFINISH-

旅行、クルマ、鉄道、飛行機、スノーボード、音楽、ガジェットetc...多趣味なtakeのブログです Since May 2016.

名古屋・京都・東京旅行(2016.9.17~2016.9.21)Part4

【Part3からの続き】

「名古屋・京都・東京旅行」シリーズは今回が最終回、京都の続きからです。

三十三間堂京都府京都市) → 清水寺京都府京都市

まだまだ京都で行きたいところはいっぱいありましたが、今回は時間が限られているということで、最後に超定番スポットの世界遺産清水寺へ。

f:id:take-metal:20170323001519j:plain

ここまで辿り着くのに、参道の坂がキツかった…。

仁王門と三重塔、立派ですね!

f:id:take-metal:20170323001543j:plain

f:id:take-metal:20170323002117j:plain

有名な「清水の舞台」と呼ばれる本堂からの眺めは絶景ですね!

f:id:take-metal:20170323001631j:plain

清水寺といえば、誰もが見たことがあるこの光景ですよね!

f:id:take-metal:20170323001654j:plain

山の斜面からせり出すように造られた「清水の舞台」は本当に凄いなと…。

f:id:take-metal:20170323001736j:plain

京都では超定番スポットではありますが、やはり清水寺は良かったです!

清水寺京都府京都市) → [バス] → 京都駅 → [伊丹空港リムジンバス] → 伊丹空港 → [ANA28便]羽田空港

本当は鹿苑寺金閣慈照寺銀閣、二条城…と行きたかったところはありましたが、さすがに1日半では周りきれませんでした…(;´∀`)

心残りがあるので、また近いうちに京都には来たいなと思います。

ということで、夜のBABYMETALライブのため、京都からリムジンバスで伊丹空港へ向かい、空路で東京へ。

f:id:take-metal:20170323002014j:plain

ANA B787-800@伊丹空港

せっかく伊丹ー羽田便を利用するということで、初めてのB787を体験したくて便を選んで予約したのですが、残念ながら当日はB737-800でした…( ;∀;)

ちょうどB787のエンジントラブルが発覚し、改修のために大規模な欠航やシップチェンジが行われた時期だったんですよね…。

f:id:take-metal:20170323002430j:plain

実は台風の接近もあり、最悪の事態もありえましたが、なんとか飛行機が飛んでくれたので、無事に羽田に到着。

羽田空港 → [京急電鉄空港線・本線] → 品川駅 → [JR山手線] → 御徒町駅 → ホテル(東京都台東区) → 御徒町駅 → [JR山手線] → 秋葉原駅 → [JR中央・総武線] → 水道橋駅 → 東京ドーム(東京都文京区)

ホテルに荷物を置いて、急いで東京ドームへ。

待ちに待った「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT & BLACK NIGHT AT TOKYO DOME」の1日目に参戦しました!

f:id:take-metal:20161011223809j:plain

※ライブについては下記の記事をご覧ください。

東京ドーム(東京都文京区) → 水道橋駅 → [JR中央・総武線] → 秋葉原駅 → [JR山手線] → 御徒町駅 → ホテル(東京都台東区

この日は御徒町に一泊。

京都観光、そして空路で東京、BABYMETALライブという大移動かつ濃い1日でした(^_^*)

 

◯9月20日 

この日は都内を散策し、夜は「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT & BLACK NIGHT AT TOKYO DOME」2日目に参戦しました!

 

9月21日

ホテル(東京都台東区) → [東京観光] → 東京駅 → [東北新幹線はやぶさ35号] → 盛岡駅 → 自宅(岩手県盛岡市

旅最終日は帰りの新幹線まで都内を散策していたので、詳しい内容は割愛します…。

 

ということで、4泊5日で鉄路、空路、バスを駆使して名古屋・京都・東京を巡るタイトなスケジュールでしたが、何事もなく順調に旅を終えることができました!

京都での時間が少なかったのは勿体無かった気はしますが、今回はあくまでも「京都鉄道博物館」のついでに観光という感じだったので、次回は京都メインで旅行したいなと思いました!(^^)

名古屋・京都・東京旅行(2016.9.17~2016.9.21)Part3

【Part2からの続き】

今回は京都最終日、京都の定番スポット巡りです!

ホテル → 祇園四条駅 → [京阪電気鉄道京阪本線] → 伏見稲荷駅伏見稲荷大社京都府京都市

まずは朝イチで伏見稲荷大社へ。

f:id:take-metal:20170322234639j:plain

f:id:take-metal:20170322234859j:plain

f:id:take-metal:20170323002314j:plain

稲荷ということで、キツネ様がいっぱいですね!

この日の夜はBABYMETALライブでしたが、決して狙ったわけではありません笑

f:id:take-metal:20170322235145j:plain

f:id:take-metal:20170322235221j:plain

f:id:take-metal:20170323002213j:plain

f:id:take-metal:20170322235352j:plain

f:id:take-metal:20170322235421j:plain

f:id:take-metal:20170322235453j:plain

f:id:take-metal:20170322235532j:plain

伏見稲荷大社といえば、真っ赤な千本鳥居で有名ですよね!

f:id:take-metal:20170322235612j:plain

f:id:take-metal:20170322235652j:plain

写真では見たことがありましたが、実際に来てみると圧巻ですね!

f:id:take-metal:20170322235733j:plain

f:id:take-metal:20170323000110j:plain

f:id:take-metal:20170323000142j:plain

一つ一つの鳥居が約10cm間隔で並んでいて、まさに鳥居の回廊ですね。

f:id:take-metal:20170323000231j:plain

f:id:take-metal:20170323000320j:plain

f:id:take-metal:20170323000519j:plain

f:id:take-metal:20170323000616j:plain

f:id:take-metal:20170323000652j:plain

鮮やかな赤い鳥居や色褪せた鳥居、形や大きさの違いもあって、一つ一つに個性を感じます。

f:id:take-metal:20170323000727j:plain

今まで色々な神社に行ったことがありますが、伏見稲荷大社は他と異なる雰囲気を感じました。

京都は見どころがたくさんありますが、伏見稲荷大社は一見の価値がありました!

伏見稲荷大社京都府京都市)→ [京阪電気鉄道京阪本線] → 七条駅三十三間堂京都府京都市

伏見稲荷大社のあとは、国宝の三十三間堂へ。

f:id:take-metal:20170323000918j:plain

f:id:take-metal:20170323000937j:plain

内部は残念ながら撮影禁止でしたが、国宝の千手観音坐像と1,001体の観音立像、風神雷神仏像は圧巻でした!

f:id:take-metal:20170323001039j:plain

次回も京都の定番スポットをご紹介します。

【Part4に続く】

名古屋・京都・東京旅行(2016.9.17~2016.9.21)Part2

【Part1からの続き】

2日目の続きからになります!

京都鉄道博物館京都府京都市) → [バス] → 京都駅

京都鉄道博物館」を楽しんだあとは京都駅へ。

f:id:take-metal:20170322231352j:plain

旅好きのtakeですが、実は今回が初めての京都なんですよね(;´∀`)

多くの方は高校の修学旅行=京都だと思うのですが、takeは修学旅行が海外だったので、20代後半になってからの初・京都でした!

f:id:take-metal:20170322231413j:plain

f:id:take-metal:20170322231454j:plain

京都駅は開放的かつ近代的な構造でビックリしました。

京都駅 → 東大京都店(京都府京都市

昼食ということで京都らしいご飯…と思ったのですが、「徳島ラーメン東大」が京都駅ビルにあるということで行ってみました!

f:id:take-metal:20170322231524j:plain

徳島にある本店で食べてからハマったのですが、東日本には「徳島ラーメン東大」の店舗がなく、本州最東端の店舗が京都店になります…。

四国に行かなくても食べられるのは嬉しいですが、もっと近くにお店が出来て欲しいですね…。

大京都店(京都府京都市) → 東寺(京都府京都市

お昼を食べた後は、世界遺産の東寺へ。

f:id:take-metal:20170322233017j:plain

f:id:take-metal:20170322233054j:plain

f:id:take-metal:20170322233140j:plain

生憎の雨でしたが、曇天の五重塔もまた趣きを感じますね。

京都に来たんだなと実感しました笑

f:id:take-metal:20170322233211j:plain

光量不足の写真でも、画になる風景は少し加工しただけで味のある写真になりますね!

東寺(京都府京都市)→ 東福寺駅 → [京阪電気鉄道京阪本線] → 祇園四条駅

日が暮れてきてから天候は増々悪化し、大雨洪水警報が出るほどの土砂降りでした…。

夜もお寺巡りをしたかったところですが、東寺から東福寺駅に向かう途中で全身ズブ濡れになったこともあり、宿がある祇園へ向かいました。

f:id:take-metal:20170322233509j:plain

f:id:take-metal:20170322233544j:plain

この日の宿は四条通沿いにあり、八坂神社のすぐ目の前だったので、最後に八坂神社へ行ってみることにしました。

祇園四条駅 → 八坂神社(京都府京都市

f:id:take-metal:20170323002358j:plain

全国にある八坂神社の総本山、祇園祭で有名ですね!

f:id:take-metal:20170322233727j:plain

夜の神社は雰囲気がありますね。

f:id:take-metal:20170322233755j:plain

八坂神社(京都府京都市)→ ホテル(京都府京都市

全身ズブ濡れで足も疲れてきたのでホテルへ。

今まで「小京都」と呼ばれる場所は行ったことがありましたが、本当の京都はやはり違いますね!

写真でか見たことがなかった祇園の街並みは、まさにタイムスリップした気分になりました。

f:id:take-metal:20170322234011j:plain

次回は京都最終日です!

【Part3に続く】

名古屋・京都・東京旅行(2016.9.17~2016.9.21)Part1

昨年9月、5日間の夏休みを利用して「名古屋・京都・東京旅行」に行ってきました!(∩´∀`)∩

アップするまでに月日が経ってしまいましたが、思い出に浸りながらお送りしたいと思います。

 

◯9月17日

自宅(盛岡市) → 盛岡駅 → [東北新幹線はやて114号] → 仙台駅

まずは新幹線で仙台へ。

f:id:take-metal:20170322222522j:plain

E2系J51@盛岡駅

仙台駅 → [仙台空港アクセス線] → 仙台空港駅仙台国際空港

仙台駅からは仙台空港アクセス線仙台国際空港へ。

f:id:take-metal:20170322222657j:plain

ANA B737-500(JA358K)@仙台空港

仙台国際空港 → [ANA364便] → 中部国際空港

今回は特典航空券を利用して、中部国際空港セントレアへ向かいました。

仙台~中部の必要マイルは7,500マイル(レギュラーシーズン)でした。

f:id:take-metal:20170322222854j:plain

B735のフライトで約1時間、中部国際空港セントレアに到着。

f:id:take-metal:20170322222942j:plain

f:id:take-metal:20170322223143j:plain

初めてのセントレアですが、さすが国際空港ということで大きいですね!

時間が無かったので展望デッキに一瞬立ち寄っただけでしたが、今度ゆっくり探検してみたいですね。

中部国際空港中部国際空港駅 → [名古屋鉄道空港線ミュースカイ] → 名鉄名古屋駅

空港から名鉄名古屋駅まではミュースカイを利用しましたが、28分という短い路線には勿体無いくらい快適な車両でした!

f:id:take-metal:20170322223253j:plain

名鉄名古屋駅名古屋駅 → キッチンなごや(愛知県名古屋市

f:id:take-metal:20170322230530j:plain

名古屋メシということで、お昼は駅ナカのお店で味噌カツ

キッチンなごや(愛知県名古屋市) → 名古屋駅 → [名古屋臨海高速鉄道あおなみ線] → 金城ふ頭駅 → リニア・鉄道館(愛知県名古屋市

お昼を食べたあとは、名古屋駅からあおなみ線に乗って「リニア・鉄道館」へ。

f:id:take-metal:20170322225108j:plain

※「リニア・鉄道館」については下記の記事をご覧ください。

リニア・鉄道館(愛知県名古屋市)→ [名古屋臨海高速鉄道あおなみ線] → 名古屋駅 → [名古屋市営地下鉄東山線] → 栄駅 → ホテル

「リニア・鉄道館」を閉館まで堪能し、この日は名古屋・栄に一泊。

f:id:take-metal:20170322224952j:plain

 

◯9月18日

ホテル → 栄駅 → [名古屋市営地下鉄東山線] → 名古屋駅 → [東海道新幹線のぞみ153号]→ 京都駅

2日目は朝から東海道新幹線で京都へ。

f:id:take-metal:20170322230302j:plain

N700A系G3@名古屋駅

f:id:take-metal:20170322230350j:plain

N700A系G3@京都駅

f:id:take-metal:20170322230433j:plain

N700A系G3@京都駅

久しぶりの東海道新幹線、乗車したのはN700A系のビッグAでした!

f:id:take-metal:20170322230710j:plain

京都駅 → 京都鉄道博物館京都府京都市

京都駅に到着し、歩いて「京都鉄道博物館」へ。

 ※「京都鉄道博物館」については下記の記事をご覧ください。

まだまだ旅は続きます!

【Part2に続く】

京都鉄道博物館(2016.9.18)Part5

【Part4からの続き】

今回で「京都鉄道博物館」シリーズ最終回となります!

f:id:take-metal:20170223224544j:plain

500系521形、クハネ581形、クハ489形

再び本館に戻り、2階から撮影してみました。

f:id:take-metal:20170223224609j:plain

500系521形、クハネ581形、クハ489形 

f:id:take-metal:20170223224633j:plain

クハネ581形

f:id:take-metal:20170223224659j:plain

クハ489形 

f:id:take-metal:20170223224748j:plain

500系521形、クハネ581形

こうやって新旧の車両が並んで、色々な視点から観られるのが博物館の良さであり、醍醐味ですよね。

f:id:take-metal:20170223224829j:plain

本館を出て、扇形車庫でお馴染みの旧「梅小路蒸気機関車館」エリアへ。

連絡デッキからは東海道本線東海道新幹線がバッチリ見えます。

f:id:take-metal:20170223224908j:plain

「列車位置情報システム」が設置されており、通過する車両が分かるのが面白いですね!

f:id:take-metal:20170223224945j:plain

引っ切り無しに新幹線と電車が通過していくので飽きませんね! 

f:id:take-metal:20170223225032j:plain

世界遺産である東寺の五重塔を背景に、東海道新幹線N700A系と関空特急「はるか」という、如何にも京都らしい1枚を撮ることができました!

f:id:take-metal:20170223225131j:plain

8620形8630

今回は時間が無くて「SLスチーム号」には乗りませんでしたが、「京都鉄道博物館」になっても人気ですね!

大正3年に製造された日本初の量産型蒸気機関車が動態保存されているって凄いことですよね。

f:id:take-metal:20170223225315j:plain

8620形8630

f:id:take-metal:20170223225414j:plain

8620形8630 

f:id:take-metal:20170301231737j:plain

DE10形1118 

f:id:take-metal:20170301231805j:plain

DE10形1156 

f:id:take-metal:20170301231837j:plain

最後に旧「梅小路蒸気機関車館」の扇形車庫になります。

前からずっと来たかった場所で、「京都鉄道博物館」の一部に組み込まれる形にはなりましたが、貴重な扇形車庫と機関車を見ることができて本当に良かったです。

f:id:take-metal:20170301232908j:plain

車庫は重要文化財に指定され、現存する日本最古の鉄筋コンクリート造りということで、動態車両8両を含む全20両が保存されています。 

f:id:take-metal:20170301232956j:plain

蒸気機関車はあまり詳しく無いのですが、一通り写真を撮ってみました。

f:id:take-metal:20170301231923j:plain

C51形239 

f:id:take-metal:20170301231958j:plain

C53形45 

f:id:take-metal:20170301232055j:plain

C59形164 

f:id:take-metal:20170301232130j:plain

D52形468 

f:id:take-metal:20170301232205j:plain

D50形140 

f:id:take-metal:20170301232232j:plain

C58形1 

f:id:take-metal:20170301232301j:plain

C55形1 

f:id:take-metal:20170301232327j:plain

1070形1080

f:id:take-metal:20170301232355j:plain

C62形1 

f:id:take-metal:20170301232428j:plain

D51形1 

f:id:take-metal:20170301232500j:plain

9600形9633

f:id:take-metal:20170301232527j:plain

C11形64 

f:id:take-metal:20170301232553j:plain

C61形2 

f:id:take-metal:20170301232620j:plain

C62形2 

f:id:take-metal:20170301232652j:plain

C56形160 

f:id:take-metal:20170301232728j:plain

B20形10

f:id:take-metal:20170301232800j:plain

7100形7105

f:id:take-metal:20170301232830j:plain

ということで「京都鉄道博物館」を写真たっぷりでご紹介してきましたが、とにかく展示車両が豊富で、1日居ても飽きないほど見応え十分でした!

 

これで、JR東日本の「鉄道博物館」、JR東海の「リニア・鉄道館」、そしてJR西日本の「京都鉄道博物館」と3大鉄道博物館を制覇したことになりました!(∩´∀`)∩

鉄道ファンにとって車両が引退してしまうことは悲しいことですが、引退後も博物館に保存され、いつでも見ることができることは本当に嬉しいことですし、その地域の鉄道の歴史や技術を学べる鉄道博物館はやはり楽しいですね。

今回はあまり時間が無かったのと、混雑していたのでゆっくりと見て回ることができなかったので、また京都に行く際は寄ってみたいと思います。

京都鉄道博物館(2016.9.18)Part4

【Part3からの続き】

京都鉄道博物館」Part4になります!

f:id:take-metal:20170220232052j:plain

100系122形

500系もカッコいいですが、シャープな100系も好きな型式です!

2012年3月に引退となりましたが、お別れをするために岡山まで遠征したのが懐かしいですね。

f:id:take-metal:20170220232126j:plain

100系122形 

f:id:take-metal:20170220232211j:plain

100系122形 

f:id:take-metal:20170220232303j:plain

100系122形

本館はここまでで、次に展示引込線へ。

f:id:take-metal:20170220232401j:plain

カニ24形

展示引込線は実際の営業線と繋がっている引込線で、法令上の営業線扱いになるので、現役の車両も展示できるようになっています。

これは他の鉄道博物館では無い試みで面白いですね!

今回は「トワイライトエクスプレス」のカニ24形電源車とオハ25形客車が展示されていました。

f:id:take-metal:20170220232450j:plain

カニ24形

f:id:take-metal:20170220232548j:plain

カニ24形 

f:id:take-metal:20170220232637j:plain

カニ24形 

f:id:take-metal:20170220232753j:plain

オハ25形 

f:id:take-metal:20170220232835j:plain

オハ25形 

f:id:take-metal:20170220232910j:plain

オハ25形 

f:id:take-metal:20170220233040j:plain

EF81形103

こちらは屋外展示のトワイライトプラザで、6両展示されています。

展示引込線は期間限定で、こちらの「トワイライトエクスプレス」は常設展示という感じですね。

f:id:take-metal:20170220233125j:plain

EF81形103 

f:id:take-metal:20170220233219j:plain

EF81形103 

f:id:take-metal:20170220233258j:plain

スシ24形、EF81形103

f:id:take-metal:20170220233353j:plain

スシ24形 

f:id:take-metal:20170220233429j:plain

スロネフ25形 

f:id:take-metal:20170220233501j:plain

スロネフ25形 

f:id:take-metal:20170223223942j:plain

EF65形1 

f:id:take-metal:20170223224030j:plain

EF58形150 

f:id:take-metal:20170223224106j:plain

オロネ24形

寝台特急日本海」幕のオロネも展示されています。

f:id:take-metal:20170223224138j:plain

オロネ24形

f:id:take-metal:20170223224214j:plain

オロネ24形

日本海」には一度乗ったことがあり、もう一度乗りたいと思っていましたが、「日本海」どころかブルートレインが全廃となってしまいました…。

最近は「ななつ星」を皮切りに「トワイライトエクスプレス瑞風」や「TRAIN SUITE 四季島」といった高級クルーズトレインが流行っていますが、手頃で旅情があるブルートレインが無くなってしまったのは寂しいですね…。

 

次回で最終回になります。

【Part5に続く】

京都鉄道博物館(2016.9.18)Part3

【Part2からの続き】

今回も「京都鉄道博物館」本館の展示車両になります!

f:id:take-metal:20170220230318j:plain

230形233 

f:id:take-metal:20170220230431j:plain

EF66形35

f:id:take-metal:20170220230520j:plain

EF66形35 

f:id:take-metal:20170220230552j:plain

EF66形35

EF66形は下部を通れるようになっており、真下から足回りを見ることができます!

f:id:take-metal:20170220230628j:plain

EF66形35 

f:id:take-metal:20170220230710j:plain

京都鉄道博物館」は車両展示だけではなく、鉄道設備を学べるコーナーも充実していました。

f:id:take-metal:20170220230758j:plain

912形64

f:id:take-metal:20170220230840j:plain

結構本格的に鉄道設備を再現していますよね。 

f:id:take-metal:20170220230928j:plain

ポイント切替体験もすることができます。 

f:id:take-metal:20170220231019j:plain

クモハ100

f:id:take-metal:20170220231112j:plain

DD51形756 

f:id:take-metal:20170220231156j:plain

DD51形756 

f:id:take-metal:20170220231226j:plain

DD51形756 

f:id:take-metal:20170220231317j:plain

クハ151形 

f:id:take-metal:20170220231403j:plain

クハ151形  

f:id:take-metal:20170220231447j:plain

ヨ5000形5008

f:id:take-metal:20170220231554j:plain

キハ81形 

f:id:take-metal:20170220231624j:plain

キハ81形 

f:id:take-metal:20170220231700j:plain

EF52形1 

f:id:take-metal:20170220231737j:plain

EF52形1

旧「交通科学博物館」で展示されていた車両も多いですが、展示の雰囲気も変わると新鮮ですね!

【Part4に続く】