読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

take's blog -UNFINISH-

旅行、クルマ、鉄道、飛行機、スノーボード、音楽、ガジェットetc...多趣味なtakeのブログです Since May 2016.

四国旅行(2016.6.3~2016.6.6)Part2

【Part1からの続き】 

岩手からクルマ、飛行機、高速バスを駆使し、何とか無事に四国に上陸(∩´∀`)∩

ようやく四国の旅がスタートです!

 

高速鳴門バス停(徳島県鳴門市) → レンタカー店(徳島県鳴門市)

高速バスを降りたあとは、翌日のPerfumeライブまでレンタカーを借り、高松方面を巡ります。

レンタカー店(徳島県鳴門市) → 鳴門IC[高松道]志度IC → [一般道] → うどん本陣山田家本店(香川県高松市 

香川といえば、もちろん「うどん」ですよね!

takeは学生時代に讃岐うどん店でバイトをしていましたが、それがキッカケで讃岐うどんが大好きになりました。

「いつかは本場の香川でうどん屋巡りをしたい!」と思いながら機会がありませんでしたが、ようやく今回香川に来ることができました!

f:id:take-metal:20160704000732j:plain

ということで、うどん屋巡り1件目は「うどん本陣山田家本店」へ! 

店名と外観で「お!」と思った方は、takeと趣味が同じですね!笑

f:id:take-metal:20160704000900j:plain

水曜どうでしょう 四国八十八ヵ所」でお馴染みの山田家ですね!

水曜どうでしょうマニアなtakeは、映像では何度も見ていましたが、いざ来てみると立派で趣きがある建物ですね。

登録有形文化財だそうです。

f:id:take-metal:20160704000925j:plain

門を潜ると庭園があり、まるで高級料亭のようですね。

f:id:take-metal:20160704000950j:plain

冷たい「ざるぶっかけ」の大を注文。

コシの強く、濃いめのダシとすだちが良く合っていて、とても美味しかったです!

どうでしょう軍団が帰りの飛行機の時間が迫っているなか、山田家のうどんを強行して食べた結果、時間が無くなって88番大窪寺を道端の看板でお茶を濁し、お遍路の最後の最後ですっ飛ばしたというエピソードがあるうどん屋ですが、実際に食べてみて納得ですね笑

f:id:take-metal:20160704001018j:plain

うどん本陣山田家本店(香川県高松市) → [一般道] → 八栗ケーブル八栗登山口駅香川県高松市

うどんを食べたあとは、八栗ケーブルへ。

もう夕方でケーブルカーも終了する時間だったため、八栗寺には行けませんでしたが、これもどうでしょうで見た光景ですね!

八栗ケーブル八栗登山口駅香川県高松市) → [一般道] → ホテル(香川県高松市) → 高松城址(香川県高松市) → ホテル(香川県高松市

長い移動を終え、宿泊地の高松市内に到着。

 

ホテル(香川県高松市) → [徒歩] → 徳島城址(香川県高松市

ホテルに着いた後は夕飯を食べがてら外に出て、高松城址へ行ってみました!

f:id:take-metal:20160704001102j:plain

玉藻公園は閉園時間になってしまったので、外周を回ってみました。

f:id:take-metal:20160704001133j:plain

 石垣の目の前に琴電高松築港駅がありました。

お濠を埋め立てた場所に駅があり、石垣の前を電車が走る光景がなかなか良いですね!

京急で活躍した車両が多く走っていて、ひっきりなしに電車が来るのでしばらく眺めていたかったのですが、残念ながら相方は鉄道に一切興味が無いので、琴電はこの写真のみです…。

f:id:take-metal:20160704001214j:plain

東日本には海城が無いので、すぐ目の前が瀬戸内海という立地が新鮮ですね。

f:id:take-metal:20160704001311j:plain

夕暮れの月見櫓と水門が綺麗でした!

 

徳島城址(香川県高松市) → [徒歩] → ホテル(香川県高松市) 

高松城址の外周を一周したあとは、瀬戸内の美味しい魚を食べて、長かった1日目が終了。

【Part3に続く】

takes-unfinish.hatenablog.com