読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

take's blog -UNFINISH-

旅行、クルマ、鉄道、飛行機、スノーボード、音楽、ガジェットetc...多趣味なtakeのブログです Since May 2016.

Snowboard 16-17 Season Gear(OAKLEY PRIZM、YONEX MOUSTACHEMASTER etc…)

今シーズンでスノーボード歴が9年になり、まだまだ上級者とは言えないtakeですが、やはり良いギアを使うと上達が早くなる気がするし、ライディングが楽しくなりますよね!

今回は16-17シーズンのスノーボードギアを紹介してみたいと思います!(∩´∀`)∩

 

◯ゴーグル:OAKLEY AIRBRAKE PRIZM

昨シーズンまでは「OAKLEY AIRBRAKE」の「VR50 PINK IRIDIUM」レンズを使っていました。

「VR50 PINK IRIDIUM」は晴天からナイターまで使えるOAKLEYの定番レンズですが、最近は雪面の凹凸が見やすいPRIZMレンズが次々と発売され、少し気になっていました。

そこで、今シーズンは同じ「 OAKLEY AIRBRAKE」のPRIZMレンズモデルを購入してみました!

f:id:take-metal:20170201233320j:plain

今シーズンは大型レンズの「AIRBRAKE XL」が発売されましたが、デザインはフレームがガッチリとしている「AIRBRAKE」のほうが好みですね。

昨シーズンまで使用していたフレームもまだ使えるということで、メインレンズとスペアレンズを使いまわすために同一モデルにしました。

f:id:take-metal:20170201233343j:plain

メインレンズの「PRIZM SAPPHIRE IRIDIUM」は綺麗なサファイアブルーのミラー加工となっていて、とてもカッコいいですね!

f:id:take-metal:20170201233402j:plain

こちらはスペアレンズの「PRIZM ROSE」で、クリアなローズ系の色になっています。

ちなみに、PRIZMのIRIDIUMレンズはコーティングによってミラー加工になっており、レンズのベースは「PRIZM ROSE」なので、「PRIZM SAPPHIRE IRIDIUM」と「PRIZM ROSE」を装着した際の視界はどちらも同じピンク色になります。

 

ゴーグルは人それぞれ好みがあると思いますが、個人的にPRIZMレンズは最高に見やすいレンズですね!

最初はピンク色に見えますが、目が慣れてくるとクリアで自然な視界になります。

しかし、雪面のコントラストはしっかりと強調され、裸眼や他のレンズでは見難い凹凸が本当に良く見えます!

雪面の凹凸が良く見えるというのは非常に重要で、 凸凹を見極めたライン取りがしやすくなるので、バランスを崩したりすることが少なくなり、攻めのライディングができるようになりました!

ゴーグルはスノーボードを快適に楽しむうえで、最も重要なギアだと改めて感じさせられました。

 

◯ボード:YONEX 15-16 MOUSTACHEMASTER

ボードは2シーズン目になる「YONEX 15-16 MOUSTACHEMASTER」、バインディングは7シーズン目になる「SALOMON 10-11 ARCADE JP」を愛用しています。

f:id:take-metal:20170201233056j:plain

「YONEX 15-16 MOUSTACHEMASTER」はソフトフレックスのダブルキャンバーで、驚くほど軽量なボードです。

今まではキャンバー一筋だったので、昨シーズンはダブルキャンバーに慣れるまで時間がかかりましたが、慣れてくるとオールラウンドに使える面白いボードですね!

f:id:take-metal:20170201233117j:plain

ダブルキャンバーは良くも悪くも中途半端なイメージがあるかもしれませんが、グラトリはしやすいし、キャンバーと比べれば高速フリーランに若干の不安定さを感じますが、ロッカーほど滑りにくいという感じはありません。

ただし、ターン時の操作は少しシビアですね…。

ロッカー部分の特性で驚くほどターンはしやすいのですが、加重を意識しないと意図せぬショートターンになったり、カービングターン時はエッジが抜けてルーズなターンになりやすいので、しっかりと加重を加減しながら、板を踏み込んでターンすることが必要だと感じます。

やや弱点もありますが、フリーラン、グラトリ、ジブ、キッカー、パウダーと何でもやりたいという方にはオススメのボードだと思いますし、結構気に入っています!

 

バインディング:SALOMON 10-11 ARCADE JP 

バインディングは「SALOMON 10-11 ARCADE JP」です。

数えてみると7シーズンも使っていますが、特に壊れたりもせず、軽くてソフトフレックスなので、今のボードともマッチしていて扱いやすいバインディングです!

しかし、壊れる前にそろそろ買い替えを考えないといけないですね…。

 

◯ブーツ:SALOMON 14-15 SYNAPSE FOCUS BOA

ブーツは3シーズン目になる「SALOMON  14-15 SYNAPSE FOCUS BOA」です。

f:id:take-metal:20170201233212j:plain

最近はクイックレースが主流ですが、個人的には均等にガッチリと締めることができ、緩みにくいBOAシステムを好んで履いています。

f:id:take-metal:20170201233242j:plain

「SYNAPSE FOCUS BOA」はインナーのクイックレースで足全体を締め、アウターにある2つのBOAシステムで上部と下部を締め分けることができるので、ホールド感が結構あります。

個人的にブーツは熱成型サーモインナーのDEELUXEが好きなのですが、お値段もそれなりにするので、コスパを考えるとSALOMONのブーツも良いですね!

 

ということで、16-17シーズンのスノーボードギアを紹介してきました!

スノーボードはギアやリフト券代とお金がかかるスポーツですが、特にボード、ブーツに関しては、多少高くても自分に合った良いモノをチョイスすることが上達への近道だと思います。

そして、今シーズンはゴーグルを買い替えましたが、視界を確保するためのゴーグルは滑りに直結する重要なギアだと改めて感じました!

今後も大事に使いながらスノーボードライフを楽しみたいと思います( ´∀`)